ホーム > 医師を目指す方へ > 医師になるには

医師を目指す方へ

医師を目指す皆さんを応援します!

 医師になるには、大学の医学を履修する過程で6年間学んだ後、医師国家試験に合格すると、医師免許を取得することができます。

 和歌山県立医科大学では、平成20年度学生募集から、国の「緊急医師確保対策」により医師不足の地域に勤務する医師養成枠として、「県民医療枠」「地域医療枠」を設置しました。

県民医療枠

 県民医療枠とは、卒業後、和歌山県民医療の指導的・中心的な役割を担う人材として募集するもので、医学部6年、卒業後9年間の一貫コースにおいて教育します。
 卒業後9年間は、地域の中核的役割を果たす和歌山県内公的病院(以下、「地域中核病院」という。)での研修を中心に、専門医の資格や学位を早期に取得できるよう支援します。
 ※卒業後9年間のキャリア形成を本学及び地域中核病院で行う旨の誓約書を提出していただきます。

地域医療枠

 地域医療枠とは、卒業後、へき地医療拠点及びへき地診療所等(以下「へき地医療拠点病院等」という。)で勤務する医師を養成するために募集するものです。
 卒業後9年間のキャリア形成をへき地医療拠点病院等を中心に行います。
 入学者は、和歌山県から修学資金が貸与されます。
この貸与金は卒業後、和歌山県が指定する公的医療機関等に貸与期間の1.5倍の期間医師として勤務し、このうち2分の1以上の期間をへき地医療拠点病院等で勤務した場合、貸与金の返済は免除されます。(詳細については和歌山県庁 福祉保健部健康局 医務課 TEL073-441-2603までお問い合わせ下さい。)

一般枠

 県民医療枠、地域医療枠以外の従来の入学枠です。
 医師及び医学研究者を目指す一般的コースで、本学の教育理念に基づき、6年間の学部教育を行います。
 卒業後2年間は本学などの臨床研修病院において医師法に則った初期研修を行い、3年目以降は後期研修プログラムにより医師としての研鑽を積み、専門医や学位の取得を目指します。

⇒詳細は募集要項をご覧ください。

出前授業について

 和歌山県立医科大学では地元の小学校・中学校・高等学校に本学の教員が出向く「出前授業」を実施しています。学生の皆さんは日常学んでいる教室で、大学の先生の授業を聞くことができ、そこで学校では習っていないものに触れ、未知の世界に感動し、「医学・医療」に新たな興味を持っていただくことを目的としています。
 地域医療支援センターでは下記のようなタイトルで出前授業を行っています。

・医師になるために

⇒出前授業の詳細はこちらをご覧ください。

修学資金について

1.和歌山県立医科大学 地域医療枠

 和歌山県地域医療医師確保修学金を借り入れることが出来、卒後9年間のキャリア形成を和歌山県立医科大学及びへき地医療拠点病院など和歌山県が指定する公的医療機関で行います。貸与期間の2分の3に相当する期間を勤務した後は、貸与した修学資金の返還を免除されます。

2. 自治医科大学 修学資金貸与制度

 自治医科大学とは、医療に恵まれない山村過疎地域などで働く総合医を育てるために、全国の都道府県が共同して設立した大学です。医学部の入学生には、入学金や授業料等の修学資金制度があります。卒業後、和歌山県知事の指定する公立の医療機関などで修学資金貸与期間の1.5倍(通常は9年間)の期間を勤務すると、返還が免除されます。
 卒業後は貸与金返還免除となるまでの間、原則県職員として勤務します。
 

3.近畿大学医学部 和歌山県地域枠

 将来、和歌山県内のへき地医療機関や公的病院等の小児科・産科・麻酔科・救命救急センターで勤務しようとする方で、近畿大学医学部の和歌山県地域枠で入学した方に対し修学資金を貸与します。
 卒後9年間のキャリア形成を和歌山県が指定する公的医療機関等で行い、貸与期間の2分の3に相当する期間(9年間)を勤務した場合は、修学資金の返還が免除されます。

※詳しくは和歌山県ホームページをご覧下さい。

ページトップへ